幸せのテーブル

ペットに手作りごはん!という選択肢を取り入れてみませんか?Wanランクアップの幸せを感じる犬ごはん猫ごはんをお伝えするペット食育上級指導士です☆【埼玉県三郷市】でペットのごはんのセミナーを開催中!

仔犬ちゃん、ようこそ♬、、、仔犬は何か月から手作りごはんを食べさせていいですか?について

こんにちは~☆
今日は夕方から雨の予報、
窓から見える西の空がまっ黒になってきています。


早くお散歩しなきゃ、、、なんですけど、
最近、

仔犬の手作りごはんはいつから?

という検索キーワードで私のブログにたどり着いてくださる方が多いので、
2010年11月に、ペット食育協会®のメルマガで書いた記事を
再々掲載いたしますね。(2012年12月に一度再掲していますので読んだことがあるという方がいらっしゃるかもしれません)


我が家のJuddy(イギリス系ゴールデン)も
お陰さまで来月22日で5歳になります。


最初はペットフードと併用で育てようと思っていたのですが、
●涙やけがあった
●うんちがゆるくてお薬を飲んでいた
がとても気になったので、
ほんの少しの間だけフードの期間はありましたが、
その後生後55日くらいからほぼ完全手作り食で育てました。


入門講座にも、仔犬を飼い始めた飼い主さまが受講してくださることも多くなりました。


では、ここから、、、
皆さまのご参考になることがあれば幸いです。


=== ここから ===


◆◆子犬ちゃん、ようこそ!◆◆


メルマガ読者の皆さま、こんにちは。
ひろりんこと上級食育指導士の上住裕子です。


昨年10月から飼い始めた我が家のゴールデンレトリバーのジュディーが
1才になりました。


「次に飼う子は手作りごはんで育てたい」
「我が家の○○ちゃん、うちに来てまだ間もないのに、
ドッグフードを全く食べてくれなくなってしまって困ってます」


という未来の手作りごはん子育て派の方にお役に立てるようにと、
ほぼ手作り食で育ててみましたよ。


食育指導士といえども、子犬(生後50日)の手作り食は
机上で学んだ知識しかありません。
日頃、入門講座を受講してくださる皆さんには、

「それほどに悩まなくても大丈夫ですよ」
「もっと気楽に楽しんでくださいね。」

と力説している私なのに、


●毎日体重を量ってみたり、
●この分量で足りてるのかな?とか、
●野菜はこの大きさで大丈夫かしら?とか、
●この涙やけきれいになるかしら?(涙やけの記事はコチラ)
●ちょっと耳がかゆかゆみたいだけど、
●栄養は足りてるかしら?


と、順調に育ってくれるかどうか心配する毎日でした。(苦笑)


なんと、私の講座に来てくださる受講生の方々の気持ちと全く一緒!!


改めて、経験したことのないことは、不安でいっぱいなんだ、
ということを再認識させていただきました。
これからも、今まで以上に受講生の皆さんの気持ちに近づいて
講座を続けていきたいと思った次第です。


さてさて、
子犬ってどれくらいの時期から手作り食が可能なのでしょう?


元々自然界では、

幼犬の食事
成犬の食事
シニアの食事

なんて区別はありませんね。


ひょっこり物陰からでてきた獲物が

「私、幼犬用です! そこの赤ちゃん食べてくださいな」
「今度はママ用です! 赤ちゃんのママさん食べてくださいな」

なんて、ドライフードのように都合よく
ライフステージに合った獲物が出てくる訳ではありませんね。


実際には、仔犬に乳歯が生え始め、
母犬(母猫)が乳首を噛まれて痛くなると離乳期にさしかかり、
母犬(母猫)は食べた物を吐き出して、
消化しやすくなったものを仔犬に与えます。


ということで、仔犬を迎えた家庭でも
消化しやすいお肉などから
人間の食べる食材を与えることは可能です。


でも、吐き出してあげることはできませんので、
細かく切ったりすりつぶしたり、
柔らかく煮る
などして、それに近い形にしてあげることが大切ですね。


家庭に迎えたばかりの仔犬(仔猫)は、
生後2カ月前後になっているのが一般的です。
ドライフード
手作り食
どちらでも育てることは可能ですが、


仔犬は環境の変化にとても敏感です。(こことても大切です!)


大きな食事の変化もまた体調を崩す原因になりますから、
環境になれて落ち着くまで、
ペットショップやブリーダーさんのところで食べていた食事と
同じものを与えるようにしましょう。


手作り食に変える時には、仔犬が新しい環境に慣れてから、
少しづつ時間をかけて切り替えるようにしてくださいね。


=== ここまで ===


このブログでも一度ご紹介した記事ですが、
仔犬ちゃんをお迎えする家族は、次々誕生するので、
またご紹介させていただきました。


Juddyは、2009年8月生まれですので、
この頃の記事を読んでいただくと参考になることがあるかもしれません。


ブログランキングに参加しています。お役に立ったらよろしく!!
↓↓↓
にほんブログ村 犬ブログ 犬 食事・栄養へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。