幸せのテーブル

ペットに手作りごはん!という選択肢を取り入れてみませんか?Wanランクアップの幸せを感じる犬ごはん猫ごはんをお伝えするペット食育上級指導士です☆【埼玉県三郷市】でペットのごはんのセミナーを開催中!

Annyは近々手術、、、【手作り犬ごはん】和風ラタトゥイユ

今日の犬ごはんは、和風ラタトゥイユ。


和風ラタトゥイユ



このブログでご紹介する犬ごはんは、
うちのAnnyとJuddyが食べているごはんです。
数日前から前日のものをご紹介しています。



もし、本当の今日の犬ごはんを見たいわ
という方は、Facebookをご覧くださいね。


『ブログ見てます』
『Twitterからきました』
『うちのわんこ、手作りごはんを食べてます』
『興味あるけど、まだ始めてません』


こんな方、お友達になってくださいねぇ。
メッセージを添えていただくとうれしいです♪



Facebookは、上住裕子
Twitterは、uezumihiroko



で検索してくださいね。



     ***********



Annyは、今まで病気をすることもなく12才まで過ごしてきたので、
実はかかりつけの先生といっても、


☆狂犬病の予防注射をする
☆混合ワクチンをする
☆フィラリアのお薬をもらう
☆避妊手術、歯石取りをしてもらった(6年くらい前)


というくらいしか診て貰ったことがないのです。




最近、一番Annyの体のことをご存知なのは、
自然療法の先生。
というより、過去のデータと今のアニーの情報を持っている方、
と言った方が的確かな。




今日は、その先生と電話でAnnyの手術のことを相談することができました。
もちろん有料の電話相談です。




色々お話した結果、私の中で納得できる答えが見つかったので、
Annyの左頚部の軟部組織肉腫の切除手術を、
できるだけ早いタイミングですることに決めました。




●Annyは12才、年齢はかなりいってますが、当たり前のことだけど、
今が一番若いということ。



●体調がいい時に、、、って言ったって、
去勢や避妊手術以外は、
手術するコは、大抵体調が悪いコだっていうこと。
厳しい状況下でも麻酔に耐えられるコは結構多いです。



●今のAnnyの体力が、手術に耐えられないほど弱っている訳ではないこと。
術前検査に異常がないこと。



●腫瘍がとてもとりやすい所にあること、1.3~1.5くらいと小さい事。



●悪性なので、できるだけ早く切除したほうがいいこと。



●転移がどこにもないこと。(調べた限りではですが)



●悪いところを取り除くことで、私以上に心配している
オットの気持ちが落ち着いて、後で後悔がないこと。
(家族の気持ちが落ち着いている事はとても大切なことです)



●腫瘍の手術をすると、歯の治療もできること。



まだ色々ありますが、主にこんなところかな。
冷静に考えられる人から見ると、どうってことないことなのですが、
やはり私、結構気持ち張り詰めてたかな、、、と
結論を出してから思いました、、、ワン!
決めたらホッとした(笑)




ということで、Annyのことは、またご報告させていただきますね。



今日の犬ごはんは、暑い日に作りました。
これからの季節に向いていますね。ヘルシーだしね。
和風ラタトゥイユと命名してみました。



ラタトゥイユってズッキーニやトマトがはいるけど、
ルクルーゼのレシピ本などを見ると、
トマト入らないバージョンで、煮込まずに短時間で
炒めるものもあったりします。




【材料】

鶏胸肉
厚揚げ
ナス
キュウリ
赤・黄パプリカ
オリーブオイル
大葉

*たまには少し大きめに切ってかみごたえのあるようにしてみました。
丸のみしてしまう子には、お口サイズにカットしてくださいね。


【作り方】


1.材料は、少し大きめに切る。

2.オリーブオイルを熱したフライパンに鶏肉→ナス→厚揚げ→パプリカ→キュウリの順にゆっくり炒める。

3.器に盛り付けせん切りにした大葉をトッピングする。


*食材を大き目に切ってあるので、よく火が通るようにゆっくり炒めてくださいね。
 


【飼い主さん用アレンジ】

ワンちゃん用に取り分けた後、酒、味噌などで味付けする。

ビールにもごはんにも合うおかずになりました。
お好みでいろんな味付けを楽しんでくださいね。



和風ラタトゥイウ


とってもヘルシーな和風ラタトゥイユ、あなたの大切なわんちゃんと一緒に召し上がれ♪



ブログランキングに参加しています。お役に立ったらよろしく!!
↓↓↓
にほんブログ村 犬ブログ 犬 手作りごはんへ
にほんブログ村

スポンサーサイト

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。