幸せのテーブル

ペットに手作りごはん!という選択肢を取り入れてみませんか?Wanランクアップの幸せを感じる犬ごはん猫ごはんをお伝えするペット食育上級指導士です☆【埼玉県三郷市】でペットのごはんのセミナーを開催中!

ただいまお肌の修復中、、、【手作り犬ごはん】麻婆春雨


今日の犬ごはんは、『麻婆春雨』。

麻婆春雨


      **************************

アニジュデ地方は、街路樹が少しづつ紅葉しだしました。
今日は、これから寒い季節になるよと言っているかのように
コートが欲しいくらいの陽気でした。


うふふっ、今日もジュディーだけの写真。
アニーは朝夕どちらかしか玄関から出てこないんですよ。
これから寒くなると、もっとお散歩頻度が減ってしまいます。


紅葉


最近真面目にお散歩のお相手をしてあげているので、
マテが少し長くできるようになって、写真を撮れる余裕がでてきました。
ちょっと顔がこわばってますねぇ。



さて、話はがらっと変わって、先日テレビでやっていた「ためしてガッテン」のこと。

「カサカサがプルプルに」

っていうお肌のお手入れのことやってましたねぇ。
良かれと思ってやっているお肌のお手入れも、実はお肌を痛めつけていることもあるんだとか。


えっ?と思う方はコチラをご覧ください


顔を洗ったら化粧水なしで保湿クリームだけをやさしくつける
(お顔を洗うときもゴシゴシやらずにやさし~く)


を三週間続けると潤いたっぷりプルプルのお肌になるんですって。
「メイドイン・自分」の保湿成分をもっと大切にしましょってことですね。
私も早速実行中。
さて、3週間後はどうなってるかな?


皮膚のターンオーバーは、約28日。
女性の方はよくご存知ですよね。


では、体の中の腸の粘膜のターンオーバーは何日くらいでしょう?
腸粘膜の細胞も日々再生されているんですよ。
5日~7日ですっかり新しいものと入れ替わります。


下痢をすると一日で治ることもあるけど、
ちょっと長引くこともありますね。
それは、傷ついた腸粘膜が再生するまでに時間がかかるから。
ためしてガッテン流に言うなら、
「メイドイン・自分」の腸粘膜の再生能力大事にしましょう、ってことですかね。


下痢の原因は、色々ありますが、
良質の食材でも、腸内環境が変化するほど食事の質が変わった時には、
下痢をすることがあります。

『おやっ?今までと違うモノが入ってきたぞ!』
『これ以上体の中に留めておきたくないので、全部出してしまおう』
というように、
『腸内環境を一旦リセットしますよ』

という意味です。


下痢はしてても、元気がある時は、ちょっと様子を見ても大丈夫。
目がうつろで元気がない、という時には、すぐに獣医さんに診てもらいましょう。


もちろん絶食が早く良くなる早道ですが、
水分補給は忘れずに。
水だけで飲まない時には、出し汁やお肉のゆで汁などにしてあげると飲んでくれるでしょう。


お肌の話からなんと下痢の話に飛びましたが、
何かご参考になりましたでしょうか?



では、今日の犬ごはん。
色々残り物で、麻婆春雨らしきものができました。

材料は、

合い挽き肉(ハンバーグの残り)
グリーンピース(ポテトサラダに使った残り)
にんじん(     〃      )
さやいんげん(胡麻和えの時に少し残しておきました)
しいたけ(お鍋に使った残り)
さつまいも(この季節常備しています)
春雨(お鍋に使うので常備しています)
葛粉
ごま油

でした。


グリーンピース
さやいんげん
緑豆からできる春雨
のお豆トリオのごはんでしたね。


春雨が食材から出た出し汁を吸ってとっても美味しかったですよ。
春雨は出来上がってから、キッチン鋏みでチョキチョキ短く切りました。


麻婆春雨


今日の犬ごはんは、麻婆春雨でした。


==================================

ペット食育協会(R)の食育入門講座、今後の開催予定はこちらです。

★11月8日 (月)埼玉県三郷市(自宅)
★11月29日(月)埼玉県三郷市(自宅)
★12月1日 (水)東京都北区(王子駅付近)
前日まで申込OKです!
          
詳細はコチラをご覧ください。
こちらのブログのメールフォームからもお問い合わせいただけます。

===================================

全国の食育指導士の入門講座講座は、コチラでチェック



FC2 Blog Ranking
にほんブログ村 犬ブログ 犬 食事・栄養へ
にほんブログ村

ブログランキングに参加しました。
お役に立ったらクリックしてくださいね。
応援よろしく!


スポンサーサイト

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。