幸せのテーブル

ペットに手作りごはん!という選択肢を取り入れてみませんか?Wanランクアップの幸せを感じる犬ごはん猫ごはんをお伝えするペット食育上級指導士です☆【埼玉県三郷市】でペットのごはんのセミナーを開催中!

入門講座でした。。。

「我が家にも9ヶ月のゴールデンの女の子がおりますが、
なかなかご飯を食べてくれず、苦労しております。
手作りのトッピングをすると喜んでたべてくれたり、
これで食べてくれるんだ!と思っていると、全く食べなかったり、、、」


という飼い主さんが入門講座に参加してくださいました。


飼い主さんからの断片的な情報から、
どんなお答えができるか事前に考えてみます。


●食べないといっても、このゴルちゃんはどれくらいの体格をしているのかな?
 この情報だけだと、すごく痩せているわんちゃんのような気がするけど、
 実際はどうなんでしょう?

●お会いする頃は10カ月。そろそろ成長期のピークが過ぎて
 (大型犬ですから、まだ成長しますが)少しご飯を少なくしてもいい頃かも。

●そういう時期であることをきちんとわんちゃんが認識して
 食べたくないよ、前のように欲しくはないの、と自ら調節しているのかも。

●そろそろ発情の時期なのでは?
 食欲が落ちるのはそのためかも。

●もしご飯を与え過ぎだとしたら、
 空腹時に吐いたりすることがあるのではないか?


などなど、その方にお会いする前に色々なことを考えます。



実際にお会いしてみると、


●実は、初めての発情がきていた

●体格はぽっちゃりしている子らしい

●うんちがゆるい→獣医さんから幼犬用と糖尿病用のフードを混ぜてあげるように指示されていた
 飼い主さんはそれに納得していなかった

●獣医さんからは食欲がないのは発情のためと言われている。
 食べたくないから、自ら食べないという選択をしている。

●うんちがゆるいのは水分が多いためと言われたことがある→飼い主さんは疑問


●朝黄色い液体を吐くことがある。


と書ききれないことはたくさんありますが、
何となく私の想像はあたっておりました。


入門講座のテキストに従ってお話し、不安解消。

いつも作っているご飯とは別パターンの

炒めるごはん
混ぜるごはん

などご紹介したら、受講後に次のような感想をいただきました。


●講座の中で特に印象に残ったこと

手作り食=基本をくずさない、大変、というイメージがつよかったのですが、
そんなことはなく、とても簡単に考えてもよいのだと思いました。
人間の食事を作る感覚よりも少し大変だと考えていたのが、
それと同じ、もしくはそれより楽になったと思います。
早速取り入れたいと思います。

●その他ご自由に感想など

犬の食事に対しては、自然と身構えてしまうところが
まだまだあるということに気づくことができました。
もう少し視野を広げて楽しみながら接していけそうです。
沢山勉強になることがあり、助かりました。
どうもありがとうございました。


そうそう、楽しみながらというところが大切ですね。
このワンちゃん、ドライフードの袋を開ける音がすると
逃げていくそうです。

飼い主さんは、食事の時間ってとても楽しみなものなのに、
これでいいのかな?もっと美味しいと思って食べてくれるご飯を
あげたいと思ってたんです。。。

とおっしゃっていました。

せっかく楽しむために飼った犬ですもの、
いつもいつも悩んでいるのではなく、
笑顔で美味しいよ!と言ってあげられるごはんを作ってあげましょう。


今回は、うちのジュディーと同じ月齢の同じ犬種を飼っている飼い主さんに
お会いすることができ、私も教えていただけることがたくさんありました。
Sさん、こちらこそありがとうございました。



さてさて、空腹時に吐くというわんちゃんは多いのではないでしょうか?
そんな時はどうしてますか?
そんな時は、一日分を何回にも分けてあげる、とアドバイスされるのではないでしょうか?


実は、うちのジュディーも数日前の朝、吐いたばかりでした。
痩せっぽちジュディーにちょっと多めにご飯をあげておりました。
でも、やっぱり食べさせすぎでした。


私たち食育指導士は、空腹時に吐くという時、絶食をオススメしています。
でも食事を取らなくても、水分はきちんと取らないといけませんね。
そんな時、ジュディーはこんなスープを飲んでいます。


絶食でも栄養がとれるスープ


鶏肉、煮干し、昆布、きのこや色々野菜を煮て、スープだけとったもの。
消化吸収にエネルギーを使わずに栄養がとれます。
消化吸収にエネルギーが使われない分、体のメンテナンスにエネルギーが使われます。
写真写りが悪いので、人参の輪切りなど浮かべてみました。
具の方は、吐かなくなった時用に冷凍しておきましょう。


ジュディーは、一日絶食、スープは3回。
次の日は消化のよいおじやの朝ご飯、スープを2回。
その次の日は、軽めの朝夕ごはん、
間にスープなんて感じであげていましたよ。


手作りごはんも楽しいからと言って、食べさせすぎには気をつけましょう。
何事もほどほどに、、、ということで、、、ね!




スポンサーサイト

4 Comments

ハリィまま says..."にんじん"
うちは嘔吐じゃないけど、時々お腹が緩くなります。
無理して食べさせない事なんですね。
赤ちゃん用のポカリスエットで補給していたけど、
サッパリ風スープもいいでね。

スープの真ん中のオレンジ。
私・・・玉子の黄身と間違えちゃいました。
文章を読むまで 『えぇっ~~~?玉子三つ!』ってビックリしちゃいました。
2010.06.24 13:25 | URL | #- [edit]
karu says..."NoTitle"
先日は大変お世話になりました。
本当に色々と目からウロコ状態で、お勉強させていただきました。

その後のイクラですが、食欲は相変わらずアル様なナイ様な…
どっちかと言えば、ナイ方です(苦笑)
でも、無理に食べさせなくてもいいんだ!という事が分かったので、私の気持ちが驚くほど楽になりました。

今後とも、どうぞよろしくご指導お願いいたします。
2010.06.26 10:11 | URL | #vc256qD. [edit]
ひろりん says..."ハリィままさん"
玉子三つに見えないことないですねぇ。

ポカリを飲んでくれると助かりますね。
でも嫌がって飲まない子には、こちらの方が美味しい味がついているので
いけるかもしれません。
濃いのとか、薄いのとかの調節もできますよね。
このままゼリーのようい固めることもできますよ。
2010.06.28 10:04 | URL | #- [edit]
ひろりん says..."Karuさん"
早速ご訪問ありがとうございます。
ペット食育協会からサポートメールが配信されていると思いますが、
もし届いてないようでしたら、ご連絡くださいね。

動物は人間と違ってとってもシンプルです。
人間もそんな風にコントロールできたら、簡単にダイエットできるのにね。

気持ちが楽になったのなら、お役にたててよかったです。
私たちも食べ物が一番美味しいと感じるのは、お腹が空いている時です。
イクラちゃんのお腹が空くまで待ちましょう。
「空腹は最大の味付け」ですよね。
2010.06.28 10:10 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。