幸せのテーブル

ペットに手作りごはん!という選択肢を取り入れてみませんか?Wanランクアップの幸せを感じる犬ごはん猫ごはんをお伝えするペット食育上級指導士です☆【埼玉県三郷市】でペットのごはんのセミナーを開催中!

ここだけフランス。。。

たまにはイヌから離れて、お菓子の話題など。。。


4月のお菓子のレッスンは、みかんのトルテでした。


レッスンなんていうと、とても初々しいのだけど、
もう25年も通っている先生のお宅で、
これまた最初からずっと一緒のお仲間二人とお菓子を作っています。
プリントをいただいて、ちょっと先生からポイントを説明してもらって、
みなさん阿吽の呼吸で作ります。


みかんのトルテ

こちらは、、、
『みかんのトルテ』

オレンジのお菓子はたくさんあるのに、
日本のみかんを使ったお菓子は少ないですね。

「こたつにみかん」は日本の代表的な冬の風物詩だったと思ったら、
最近の若いお母さんたち、みかんあんまり食べないらしいです。(以前テレビでやってた)
皮をむいた時に、爪の間に白いのが入るのが嫌なんですって。
それで、みかんを買わないので、そんな家庭では、
お子さんもみかん食べたことないって子がいるんだそうですよ。

なので、たぶんみかんはそのまま食べるってだけでは、消費しきれないんでしょうね。
みかん農家の方も、みかんの有効活用を模索しているって聞いたことがあります。

このみかんのトルテには、みかんジュースが使われています。
生協などでは、みかんジュースは扱っているけど、
一般的には、あまりみかけないですよね。
でも、最近コマーシャルなんかでも宣伝されるようになりました。
みかんジュース、これからもっとポピュラーになってくるのでしょう。

、、、ってみかんジュースの解説でななかった。


『みかんのトルテ』は、
一番下に、パートシュクレ(クッキー生地)
その上にアンズジャム
さらに、ビスキュイ(スポンジ生地)
色の濃いところは、みかんクリーム
その上に、みかんの缶詰が入ったみかんのムース
仕上げに透明のゼリーできれいに仕上げます。


オレンジのツンという香りが苦手という人には、
とても優しいお味です。



渦巻きクッキー

こちらは、
『うずまきクッキー』

クッキーというと、生地が甘いというのが定番ですが、
これは、白い部分が、パートプリゼ(砂糖が入らなくて、ちょっと塩が入ります)。
パートブリゼの上に抹茶風味のアーモンドクリームを伸ばして、
クルクルっと巻いたものを冷たくして、
カットしたものを焼きました。




この日は、友人からランチのお誘いがあって、
浦和の こちらのお店を教えてもらいました。
手打ちパスタが食べられるお店です。
小さなお店で最近人気があるようで、予約をしないと入れないそうですよ。


もう一人友人が来ていて、
「今日はなんでこの組み合わせ?」
「なんで浦和なの?」
と聞いたら、
浦和でマカロンが美味しいと言われているお店に
行くことになっているとか。。。


それで、案内していただいたのが、
パティスリー・アカシエ
HPはないのねぇ。
でも、お店には、常にお客さんが5~6名いて、
途切れることがありませんでした。
駅から徒歩15分のところでも、口コミで人が集まるんですねぇ。


作ったお菓子があるので、この日は日持ちする焼き菓子だけ買ったけど、
どれも美味しそうで目移りしてしまいました。
また行ってみよ。


マカロンの美味しいお店


お店の外観はこんな感じ。
ここだけフランスの雰囲気がただよっておりましたよ。


この後、もうひとつの洋菓子店でお茶をして、
お菓子にどっぷりつかった1日となりました。

スポンサーサイト

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。