幸せのテーブル

ペットに手作りごはん!という選択肢を取り入れてみませんか?Wanランクアップの幸せを感じる犬ごはん猫ごはんをお伝えするペット食育上級指導士です☆【埼玉県三郷市】でペットのごはんのセミナーを開催中!

陶工房「寺子屋」。。。

陶工房「寺子屋」は今から20年前、焼き物が好きな人たちが思い思いに作陶を楽しむグループとして発足しました。


とにかく色々な職業の方々がいらして、楽しい仲間でした。
大学教授、画家、建築家、サラリーマン、英語の先生、読み聞かせや拡大文字などのボランティア活動している方々、そこには何の利害関係もなく、サラリーマンの我が家にとっては新鮮で、こころ安らぐ場所でした。


焼き物の勉強をしたこともない人たちが、「自分達で窯造っちゃお!」「窯が出来たら、僕は形に凝る!」、「私は形よりも色だわ!」とかなり無茶な計画だったようですが、20年も続いたなんてね。


今日はその「寺子屋」の20周年の記念作陶展、ご案内をいただいて鴻巣まで行ってきました。
途中、車の中で聞いたナナムスクーリの曲が田園風景と晴れ渡った青空にぴったり。何だかいつもの生活から20年前にタイムスリップしていくかのような感覚でした。


        陶工房「寺子屋」 012

        チョコレート色のコスモスを生けた花器。
        泰子さんの作品。秋らしくて素敵でした。
        陶工房「寺子屋」 009

        お酒が呑めないのに、何故かぐい飲みばかりを作る澤村さんの作品


        寺子屋3

        こんな本格的な花瓶もありました。


        寺子屋2

        ディスプレイのざくろの色がきれい。


        寺子屋1

        やっぱり色に凝ってますね、泰子さん。


作品づくりに時間がかかり、素焼きに半日、数日後の窯開け、次の週の釉薬掛け、本焼きは確か丸一昼夜、働き盛りのサラリーマン家族にはタイトなスケジュールで、いつしか足が遠のき、しだいに疎遠になってしまった。
そんな私達に今回のご案内をいただき、「本当に会いたかったわぁ」とその当時と変わらぬ暖かさで迎えてくださる、そのやさしさに思わず涙があふれた瞬間でした。


**今日はこんなに素敵な写真があるので、私の写真は遠慮しておきますねぇ
       
スポンサーサイト

13 Comments

says..."No title"
こんにちは。泰子の娘です。
先日寺子屋の作陶展に来てくださったと聞き、突然ですがこちらにおじゃましました。ひろりんさんはいつも美しくv-257田舎のがきんちょだった私には憧れでした。お元気そうだとのこと、何よりです。
母の作品を載せていただいていますが…撮り方がお上手なので本物の何倍もよく見えます(笑)びっくりしました。
また機会を見つけてお越しくださいね。
それでは失礼しました。
2007.10.26 15:29 | URL | #- [edit]
ひろりん says..."あさこちゃ~ん"
確かあさこちゃんだった。よく覚えてますよ。
私はあそこに行くのが好きだった。
自分の家のように上がりこみ、皆でお料理して、食べて呑んで。
れんが積み上げたり、七輪でさんま焼いたり、お家の裏に葡萄の木を植えたり、そうそう、盲導犬になれなかった犬(いや、リタイアした犬だったか?)もいましたね。小さい頃の我が家そのものでした。
皆それなりの歳を重ねましたが、今も素敵な人たちでした。
お目にかかれなくて残念でしたが、いつか再開の日を楽しみにしていますね。
あさこちゃんも素敵な人生を!
2007.10.26 15:45 | URL | #- [edit]
taiko says..."No title"
麻子がひろりんのページにコメント書いたんだと聞いて、私も書いてみようと。 いつまでもあの日のようでは無いのは、当然の事として、それでも、好きだった人がやはり変わらずそのイメージでいて下さるという、有難さは、何者にも変えがたい嬉しさでもありますよね。 ひろりんのページを麻子と沢村篤子さんにも送りましたよ。私と同じく二人共、ひろりんを懐かしみ、そして、今日があるんだって、しみじめ感じているところです。
2007.11.11 23:44 | URL | #- [edit]
ひろりん says..."taikoさん"
わぁ、コメントありがとうございます。先日もご丁寧なメールをいただきうれしかった。
どんなに変わろうとしても変われない自分がいるのだと、しみじみ思ってしまいます。ならば自然に、、、それでいいんですよね。
小さい頃から国語が苦手で、勉強より外で遊ぶ方が好きだった私。
最近は文章を書くのがちょっと苦しみになってきました。(笑)
カメラはオットがお前の方が上手いと素直に認めて、オットのカメラは私のものになりました。
2007.11.12 11:24 | URL | #- [edit]
taiko says..."No title"
国語が苦手だったとは以外です。写真も素敵ですが、ひろりんの素直な文章がとても楽しみなんです。そのまますっと心の中に受け止めています。
2007.11.13 23:24 | URL | #- [edit]
ひろりん says..."taikoさん"
ふふふっ、そんな風に言っていただくと照れますが、苦手なものを味方につけるっていうのもありですから、難しい言葉使わずにこのまま素直にまいります。
これからもよろしくお願いいたします。
2007.11.14 10:08 | URL | #- [edit]
taiko says..."No title"
毎日読んでいたのにこの所お休みですね。 風邪流行っているので、心配してます。 それとも、永い旅に出かけているの?
2007.11.19 00:42 | URL | #- [edit]
ひろりん says..."taikoさん"
ごめんなさ~い。
出かけることが多かったり、夜はオットと晩酌していい気持ちになって寝ちゃったりしてました。
こんなこと書こうか、いやこれは止めようかとかちょっと迷いがある一週間でした。
充電したので、またアップしていきますね。
風邪はめったにひいたことがありません。見かけによらず丈夫な体です(笑)
2007.11.19 10:56 | URL | #- [edit]
taiko says..."No title"
今日は久しぶりに沢村篤子さんが鴻巣に来てお昼一緒しました。 この春にリュウマチを発症して辛い日もあったのですが、薬との折り合いがついてきて、大分穏やかになったと。 もうしばらくしたら陶芸再開したいとも。 その時裕子さんも良いもの創っていたのに再開しないかなあって、話したのよ。 
2007.11.19 23:09 | URL | #- [edit]
ひろりん says..."taikoさん"
沢村さん良かったですね。
この先も痛みをうまくコントロールできますように。
20年前に作った物、今でも使っています。やってみたい気もするけど、もう少しお休みします。
犬もいなくなってオットもリタイアした頃はできるかな。
その時まで頑張って続けててくださいね。
2007.11.20 08:10 | URL | #- [edit]
taiko says...""
いつまで続けられるかというのが、私たちのひとつの課題のようです。 が、沢村さんの夫が何より嬉しいことに、とてもお元気です。 麻子も復帰の気持ちあり、息子のお嫁さんの紗織さんも参加の意思ありと、若い人たちに繋いで行きたいですわ。
2007.11.20 23:29 | URL | #- [edit]
ひろりん says...""
そんな風に繋げていけたらステキですね。
私にもまだまだ再開のチャンスがあるってことですね。
いづれにしても、皆さんが集まる時にでも一度遊びにお邪魔したいと思います。
2007.11.21 20:57 | URL | #- [edit]
taiko says...""
是非遊びにいらして下さいな。 今年は12月15日に素焼きをして終りですが、来春新たな予定が決まったらお知らせしますね。 窯開けを見ていただくのが一番良いのかしらなんて、今から楽しみにしてます。
2007.11.22 22:59 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。