幸せのテーブル

ペットに手作りごはん!という選択肢を取り入れてみませんか?Wanランクアップの幸せを感じる犬ごはん猫ごはんをお伝えするペット食育上級指導士です☆【埼玉県三郷市】でペットのごはんのセミナーを開催中!

思いやり。。。

今日mixiの犬のしつけ関連のトピックで、子供が犬と接する時に気をつけることを読んだ。
子供が犬と接する時は親がきちんと見ていられる時に、犬にとって誰にも邪魔をされないくつろぎの場所であるハウスに子供が入らないこと、犬が嫌がるほどかまい過ぎないことなど大切なお話が書かれていた。

夕方オットが早く帰宅し、私が夕飯の支度をしていると、突然アニーがけたたましい声で吠え出した。
何かと思ったら、おもちゃ箱から何か出そうとした時に、モーターで動く式のねずみのおもちゃが突然スイッチオンになって動き出したのです。

オットが止めてあげたのですが、アニーは驚いてハウスに入ってしまいました。
しばらくして、オットが「あっ、大変だぁ!どうしよ!」と叫ぶのでアニーのハウスに駆け寄ると、
そのおもちゃのねずみの滑車部分がハウスに入っているアニーの尻尾に絡まって取れなくなり、アニーは身動きできず、オットは焦った顔をしているのですよ。

どうやらさらにアニーを驚かせようとして、ハウスに入っているアニーに動くねずみを見せようとしたところ、動き出したねずみの滑車が尻尾に絡み付いてしまったらしい。
「ねじ回し持ってきて!部品を分解する!」と慌てるオット。
「挟みで毛切ろうか」と結構大胆な私。

そうこうしているうちに毛を切ったり、ねじ回し使ったりせずに無事取れたのですが、ハウスに入っている犬にこんな悪戯してはいけませんねぇ。
思わず「ったくぅもぉ、、、子供じゃないんだからぁ」という言葉が出てしまいました。

さて、今日グッドマナー飼い主さんテスト合格の認定証が届きました。
きちんと自分の犬の性格を把握して、周囲に迷惑をかけない配慮ができるパートナーという趣旨の認定証。
自分の犬、他犬、その飼い主さん、犬を飼わない人にも思いやりある対応ができるという証のようなものかな。
まだまだビッキーに対する課題はありますが、犬を飼い始めて10年、ひとつの区切りとして大切な記念となりました。
トレーナーの戸田美由紀さん、Lohas World Dog Clubの田中さん、アドバイス色々とありがとうございました。

ねずみのおもちゃの件は、ちょっとグッドマナーじゃなかったですねぇ。(笑)

認定証


こちらは今日の犬ごはん。
ビッキーがしばらくの間排泄のみのお散歩になったので、運動量が減った分食事の内容をちょっと思いやりあるものにしてあげました。
ここしばらく、ごはんそのままのスープかけごはん、混ぜごはんが多かったのですが、今日からしばらくおじや風ごはんにすることに。
シニアになっても元気で体力ある犬は消化能力は若い時と変わらないと勉強しましたが、家の中でほとんど寝る生活になるので、カロリーダウンしてあげようと思いまして。。。
ごはんの量が減ってもおじやの水分量が増える分、満腹感は残りますよね。
手作り食のいいところは、こうしてその子に、そしてその時に合った対応をしてあげられることですね。

おかゆごはん


私はベースのおじやごはんにトッピングを別に作るタイプにしています。
そのほうが彩りがきれいでおいしそうなので。
今日は、豚挽き肉、大根、にんじん、少し残った納豆、きざみ春菊、トマトでした。
食べる時には混ぜてから与えます。

スポンサーサイト

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。