幸せのテーブル

ペットに手作りごはん!という選択肢を取り入れてみませんか?Wanランクアップの幸せを感じる犬ごはん猫ごはんをお伝えするペット食育上級指導士です☆【埼玉県三郷市】でペットのごはんのセミナーを開催中!

ビッキー初バイオレゾナンス。。。

バイオレゾナンスって知ってますか?
私のお仕事関係の方にはお馴染ですが、
まだまだ知らない人は多いのではないかしら?


例えば、建物のコンクリートを壊さずに、
どこに欠陥や傷みがきているか調べる機械があるように、
体の中で、今何が悪さをしているのか、
どこの気が滞って病気になっているのかを
調べられる装置、それがバイオレゾナンスです。


ビッキーは一昨日、このバイオレゾナンスの診療を受けてきました。
約1時間半、弱っている臓器を特定したり、
その臓器に負担をかけている病原体などを探った後、
気の滞りを改善したり、弱っている臓器のケアをしたりしてもらいました。


普通の診療では、こんなに長い時間、先生を独り占めすることはできませんが、
私は、ビッキーを保定しながら、
今までの経緯や、疑問、今後の相談などお話ができます。
途中、ビーグル談義になって、今まで吠えなかった犬は1匹だけだったとか、
病気なのに、そのキャラクターゆえ、あまり弱っているようにみてもらえないとか、
ビッキーの数々の武勇伝を聞いていただいたり、と
診療を受けているとは思えないほど、笑いの絶えないリラックスした時間でした。
ビッキーは、痛いことや体に触れられることは何もされずに、
マットの上からあまりはみ出ないように立っているか、横たわっているかするだけ。
だから病院嫌いの子にはうってつけの診療です。


地元のかかりつけの獣医さんで、
バリウムを飲ませてX-線の検査をした時には、何の問題もなく
スムーズに胃→十二指腸→小腸へと流れていったバリウムでした。
ああ、だったらドロドロにすれば食べ物は通過してくれるわと思っていたのに、
なぜか、そう易々とは通過してくれませんでした。
膵臓の炎症ということで、消化酵素が不足していることもありますが、
流動物が通過しないのは、なぜかな?
長い間おさまらない吐き気はどこからくるのかな?
ずっと疑問に思ってました。


胃に入った食べ物は、健康な犬で通常
流動物で1時間くらい、
低脂肪のお肉なら3~4時間で、胃の出口、幽門部から十二指腸に出て行きます。
幽門部を通るには、2mmくらいの大きさといいますから、
フードプロセッサーでかなり細かくした食べ物が幽門部を通らないのは
なぜかな?と思っていたのです。
そんな疑問にも先生が答えてくれました。


ビッキーの体の中にはある病原体が存在していて、
その病原体が幽門部を固くしていて、食べ物を送り出せない状態になっているとのことでした。


さて、診療を終えたビッキーは、気持良くなったのか、
帰りの車の中ではスヤスヤと平和な眠りにつきました。
家に帰ってきてからは、何となく元気で、
オットが帰ってきたときには、いつものように洗濯物の中から
靴下をくわえて、玄関まで迎え出て、尻尾を元気よくふったものですから、
オットは、「ビッキーどうしたの?」と驚くばかり。


世田谷の病院へ行ってくるよとしか言わなかったので、
それから、コレコレ、シカジカ、、、、と説明すると、
ちょっと怪訝な顔をしていましたが、昨日までのビッキーとあまりに違う様子に、
とにかく元気になってくれれば、何だっていいんだよ、と
この診療については、理解してくれたようでした。


弱っている体に代謝を良くするケアをしたので、
ちょっとぐったりしますよ、とおっしゃる先生の言葉通り、
今日は朝から夕飯の頃まで、ただただひたすら爆睡状態。
夕ご飯のスープもいらないよという感じのビッキーでしたが、
夜になって、カステラをちょっと食べてくれました。


食べ物を食べなかった期間が長いだけに、
今日、明日にも元気になるというわけにはいきませんが、
たぶん、きっとね、、、
少しづつ元気になってくれるでしょう。
長い時間停止状態だったビッキーの体は、少しづつ動き出したようですよ。


バイオレゾナンスに興味がある方は、調べてみてくださいね。
誰かがいいと言ったからといって、すべての人にいいかと言えば、
そうではない場合もあります。
メリット、デメリットを理解した上で、ご自身で判断してくださいね。


ちょっと長くなりましたが、
ビッキー初バイオレゾナンスの
ご報告でした。









スポンサーサイト

そろそろこの季節。。。

最後の更新はいつだったか、、、
ずいぶんさぼってしまいましたね。

ビッキーの調子がなかなか回復しません。
今日になって、

「ビッキーの具合いかがですか?」

というメールをたくさんいただくようになりました。
ご心配いただいている皆さん、ありがとうございます。


もう少しで良くなるかな?とずるずると今日まできてしまいました。
昨日、今日あたりは、何となく回復の兆しもみえるのですが、
今以上の病気の原因を探るには、麻酔をかけて検査ということになってしまいます。
かかりつけの獣医さんには、大変よくしていただいているのですが、
長い間食事を取れない上に、嫌いな病院に預けるのもちょっとかわいそうなので、
別の方法で原因を探ってもらうことにしました。


私が食育インストラクターになるにあたり、
直接指導を受けた須崎獣医師の診療予約が取れたのですが、
まだ一週間ちょっと先になります。


それで、須崎獣医師の元でお仕事されていた先生が
世田谷で開業されているので、お力を貸していただけるか相談したところ、
快く診療いただけることになり、明日伺うことになっています。
きっと、もつれた糸が解けるように、少しづつ回復してくれるでしょう。


ビッキーは相変わらず、スープの毎日。
最近は、かつおダシがお気に入りのようで、
栄養スープの素に削り節でとったダシ汁を足してあげるとよく飲みます。


鶏肉、にんじん、きゃべつ、きのこ、かつお節などをグツグツ煮て
きれいに濾した 「ママスープ」(私が勝手に命名/笑)も飲んでくれますが、
簡単に作れる栄養スープの素の方が、さっぱりした味でお好みのようです。
こんな時は、あまり手を尽くしてやってあげても空振りということも多いので、
簡単スープを気に入ってくれるのはありがたいですね。


そろそろ、クリアーなスープから少しとろみをあげようかと、
今日は、「リ・ファリーヌ」というお菓子に使う米粉(上新粉より細かい)を片栗粉のように
水で溶いて、ほんの少しのとろみをつけてあげました。


そんな病人(いや、病犬)のようなビッキーですが、
毎日お散歩にも出ているし、ベッドにも飛び乗れるし、
お水もガブガブ飲むし、まだまだ大丈夫!
「そんなヤワな体じゃないよ」
と言っているようですよ。


さて、食べられないビッキーには申し訳ないのですが、
今日は、こんなところでうなぎを食べました。

菊川

昔懐かしいお店、オットと結婚前によく行ったお店です。
うなぎが嫌い、、、という私をわざわざうなぎのお店に連れて行くのですから
何と強引なヤツ!
でも、このお店に連れて行ってもらったおかげで、うなぎが食べられるようになった私なのです。

うなぎ

暑さ本番、うなぎの出番。
季節はあっという間に移り変わりますねぇ。


そうそう、こちらも季節物。

フルーツカービング

お花屋さんの店先に飾ってありました。
でも、食べるにはもったいないくらいにきれいなフルーツカービング。

こんなふうに作るらしいですよ。

梅雨時の楽しみ。。。

梅ジュースできました!


梅ジュース


炊飯器に梅とお砂糖を同量入れて一昼夜、時々かき混ぜて保温するだけ。
お好みでアップルビネガーなど入れれば、美味しい梅ジュースの素が作れます。
簡単、簡単。。。
試してみない?


梅って元気の元のエキスの塊ですねぇ。
残った梅は、もう少しお砂糖足して煮てみます。


次は梅干し作りましょ。
でも、こちらは炊飯器では作れません。
手間暇かけないとね。。。


かわいい映像発見!。。。

**********************************************************

次回の食育入門講座は、
6月23日(火)になります。
また、日程が合わないという方は、どうぞ遠慮なくお問い合わせください。

お申し込み、お問い合わせはこちらから。。。

**********************************************************

You Tube を見ていたら、こんな映像を見つけました。

ハスキー犬と白クマが戯れている映像

お楽しみください。



、、、と書いてから、この映像は

どなたから教えてもらったものだったか、
どこぞのニュースに出ていたものだったか、

と気になりました。
すっかり記憶障害の私。。。

私が教えてあげたのよ~
と気を悪くした方がいらしたら、ゴメンナサイ。



ちょっとのんびりし過ぎて、洗濯物を干すのを忘れそう、、、いかんいかん。(笑)



B&Aのごはんも仕込まなくちゃね。
さて、膵炎になったビッキーのごはんは、どんなごはん?と思う人もいるかしら?


まだまだ、固形物は食べられません。
、、、というよりも、食べられるけど戻してしまいます。
普通に消化できるようになるまでには、時間がかかりそうです。


基本的にアニーと同じものを少しづつ食べさせていますが、
できたものをバーミックスでドロドロにしてあげています。


食育インストラクターは、色んな場面のごはんを学んでいます。
膵炎かな?と思った時に、ごはんはこんな感じになるかなぁと
想像していたので、あまり戸惑うことはありませんでした。


膵炎の原因など探ってみたいと思いますが、
それは、もう少しビッキーに体力がついて落ち着いてからにしたいと思います。


今は、

「食べたいよ~」

というビッキーの気持ちに応えられるご飯を作ってあげるということだけ考えています。
その先は、またあとで考えようね。


膵炎だった。。。

**********************************************************

次回の食育入門講座は、
6月23日(火)になります。
また、日程が合わないという方は、どうぞ遠慮なくお問い合わせください。

お申し込み、お問い合わせはこちらから。。。

**********************************************************


皆さんにご心配いただいて、たくさんの「気」をいただいたせいか、
ビッキーは少しづつ食欲を取り戻しつつあります。
今日は、2週間ちょっとぶりでご飯らしいご飯を食べました。
といっても、おいもをやわらかく煮て潰したものでした。


そんな喜ばしい日なのに、皮肉にも病名がきちんとついた日でもありました。
膵炎です。
5月末にしてもらったリパーゼの検査では、
上限値200のところ203という
グレーゾーンの結果で、
膵炎と診断するには、もっと高い数字を示して欲しいし、
そうでないと言うには高すぎるという診断でした。


昨日、もう一度検査をお願いし、今回のリパーゼの数値は
260ということで、やはり膵炎ですね、ということになりました。
しかも、慢性かも、、、というおまけもついてきました。


私自身は早い段階から膵炎に違いないと思ってたので、
5月25日頃からほとんど絶食、あげてもスープだけで固形物のご飯は
全くあげませんでした。
本来ならお水も制限して、点滴を続けるというのが正しい対処なのかもしれませんが、
ビッキーにとっては、苦手な病院に預けられるのは一番のストレスなので、
私がちょっと心配になってきたという時に、私がそばにいてもできる皮下点滴
してもらっていました。


先生が膵炎の判断を躊躇したのには、検査の値のこともありますが、
ビッキーがご飯を食べていないにもかかわらず、ぐったりしていなくて動きがいいこと。
目もうつろにはならず、きれいな目をしていたので、
不思議だなぁ、おかしいなぁと盛んに言ってました。
ビッキーには病気と戦う体力があるんですね、きっと。


なんとな~くモヤモヤしていた気持が、結果がわかってスッキリしています。
何が何だかわからないままでは、やってあげることも具体化しないですからね。
幸い、食育インストラクターという仕事柄、相談できる方々もたくさんいるので
心強い限りです。


病気の経過などについては、参考になる方もあるかもしれないので、
また別に記したいと思います。









ビッキーその後。。。

ブログ更新しようと思ったら、ネットワークが繋がらず、2日ぶりにやっと復活。
何でも早くパパッと解決する世の中なのに、パソコンのトラブルって時間かかりますねぇ。


今日は久しぶりに気持ちのいいお天気でした。
この間、とてもきれいに咲いていた紫陽花の花も
今日は何だかぐったりしていましたね。
やっぱり紫陽花は雨が似合います。

あじさい2あじさい3あじさい1


さて、ご心配くださっていた方もいらしたでしょうか。
父はまたまた持ち直しまして、今は落ち着いています。
でも、ごはんを自分で食べられなくなったので、鼻腔から栄養をとることになりました。


そして、うちのビッキー君。
なにも父のまねをしなくてもいいのに、
このところ、食べると気持ちが悪くなって、ほとんど食べないという日が続くています。
これも不安定な陽気のせいでしょうか。
「食べないことが体を休めること」とはわかっていても、
あまり長く続くとねぇ、ちょっと心配。。。

該当の記事は見つかりませんでした。